羽生結弦「金メダルパレード」予算足りない!で作ったTシャツ大人気

印刷

   ソチ五輪で金メダルをとったフィギュアスケートの羽生結弦選手の凱旋パレードが、今週土曜日(2014年4月26日)に仙台市内で行われる。ところが、その費用が足らないというので、実行委員会はTシャツ販売で費用を工面しているが、これがどうやら大当たりらしい。

宮城県、仙台市、協賛企業からかき集めても2300万円不足

   仙台で金メダルパレードが行われるのは荒川静選手以来だ。フィギュアの金メダリストはこの2人しかいないのだから、仙台はすっかりフィギュアスケートの街になった。地元が力を入れるのもわかるのだが、パレード意外に金がかかる。昨年のプロ野球・楽天の日本一パレードは同じ場所でやや長い距離だったが、21万人が押し掛け、警備員だけで1000人を超えた。かかった費用は1億5000万円になった。羽生パレードは観客をこの半分、10万人としても5700万円かかると試算された。

どこで買えるの?

   ところが、宮城県、仙台市と企業の協賛金は3400万円、2300万円足りない。企業からの協賛があまり集まらなかったためだが、五輪への協賛は公式スポンサーに限られ、地元が参加できないからだ。

   そこで実行委が考えたのが、羽生のサイン入りTシャツの販売。羽生のサインと史上最高得点を出したショートプログラムでのフィニッシュが、白地にブルーで入っている。1枚2000円(税込み)を2万枚準備して、先週の土日曜にとりあえず1万枚を県内10か所で売った。

26日午後1時から「フィギュアの街」の目抜き通りを1時間

   実行委のメンバは県や市の職員で、いわば手弁当でTシャツを売るわけだ。手作りの募金箱もあった。売り出し前には「不安ですね」と話していたが、売り始めたら、ほとんどの人が何枚か買っていく。お釣りを募金箱に入れる人もいる。東京・池袋のアンテナショップにも900枚を運び、予約が700枚も入った。店頭販売は土日で100枚づつだった。パレード当日にも売るので、「何とかメドがつきそう」と関係者はいう。

   司会の加藤浩次「幸先のいいスタートだった」

   キャスターのテリー伊藤「パレードのときは、どこで買えるのかな」

   パレードは26日午後1時から、二番町の目抜きをみずほ銀行前から市役所前までの88メートルを約1時間かける。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中