2018年 11月 19日 (月)

映画「ホットロード」親子役の能年玲奈と木村佳乃がツーショット「この写真、親子に見えませんか?」

印刷

   能年玲奈(20)が木村佳乃(38)と映画「ホットロード」での共演できたと4月20日(2014年)のブログで喜んでいる。能年は和希役、木村はその母を演じる。

   「木村さんの演じるドラマ『相棒』の雛子先生が大好きなのでとても嬉しかった」という。相棒の代議士・片山雛子は外務省長年外務大臣を務めた父の地盤を継ぎ、若手ながら有望株の女性衆議院議員だ。そのイメージから木村に初めて会うまで「少し怯えていた」という。

   しかし、初対面の能年を木村は「こちょこちょー!」と何度もくすぐり、「私の防衛本能は見事に崩れ去りました」「私の顔をじーっと見て、 似てる!そっくり。大丈夫、親子に見える!」と言ってくれたという。

   木村の撮影に加わるまで「神経質に和希に取り組んでいたのでかなり痩せてしまっていた」という能年は、「木村さんがまるで太陽を背負って現場にいらしてくださったので、ご一緒出来るようになってからニュートラルな自分に戻る時間を与えていただきました。そのおかげで最後まで頑張る事が出来ました。 木村さん演じるママとのシーンは私にとってとても大切なシーンです」と感謝している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中