今が旬ホヤ!奇怪な姿に閉じ込めた初夏の海の香り!養殖日本1の宮城・女川ではこうやって食べる

印刷

   「宮城キャラバン」の3日目、「ピカピカ☆日本」の古原靖久レポーターは岩手県に近い女川町にいた。「震災で全壊した全国1位のホヤの養殖場が、今年(2014年)の3月からようやく水揚げができるようになりました。竹浦地区のとれたてのホヤは苦みがなくてとっても甘いんです」と伝える。5月から8月がホヤの旬だ。

とりたてだから味わえる『へそホヤ』うま味凝縮

   午前6時、竹浦漁港の沖合5分のところにある養殖場では、綱にからまってホヤが次々の引き揚げられていく。ホヤの養殖は出荷するまで3~4年かかり、この日の水揚げは1トンだった。

   「マリンパル女川 おさかな市場」(午前8時から営業)は買い物客が並んでいた。目抜き通りのコーナーには先程水揚げされたゲンコツ大のホヤが山積みされている。とりたてのホヤをどうして食べるのか。漁師の阿部克夫さんがさばく。赤いホヤの4分の1ほどを輪切りし、黒ずんだ腸管を包丁でこそぎ落とすとピンク色の身が現れた。

   有働由美子キャスター「凄く立派なホヤよね。肉厚だあ」

   ホヤは苦手という古原も食べてみる。「苦味がない。甘い。プリプリしていて、いままでのホヤとはまったく違いますよ」

   阿部さんの地元ならではの食べ方はこうだ。「ホヤのお尻の部分を切って、小さい肉、へそホヤです。真ん中なのでここに凝縮した旨味がつまっているんです」

   ホヤは刺身が美味いが、「ホヤ焼き」「ホヤ蒸」などの食べ方もある。焼いたり蒸したりすると、エグ味が薄くなって苦手な人でも食べられるという。ホヤに茹で卵を包んで煮た『バクダン』というアイデア商品も人気上昇中だ。

   ゴールデンウイークに、旬のホヤを味わいに女川まで出かけるのもいいかもしれない。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中