2020年 9月 26日 (土)

日米寿司会談―安倍首相は全部食べたが、オバマ大統領は半分残した

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   オバマ米大統領が来日し、東京・銀座の寿司店で安倍首相と夕食をともにした。日米首脳会談を前にしてのやり取りに、まずは関心が集まった。オバマ大統領は「人生で一番おいしい寿司」と満足したそうだ。ただし、首脳2人は「固い雰囲気で厳しい話ばかりしていた」との店員の証言も番組は伝えていた。

日本酒酌み交わした後はガンガンで熱い交渉

   夕食会の場所は、映画にもなった名店「すきやばし次郎」。その前で2人はまず「シンゾウ」「ハウ・アー・ユー」と笑顔であいさつし、カウンターで日本酒を酌み交わす写真が内閣広報室から公表された。しかし、向かいの店などから得た寿司店員の話では、「最初から日米交渉の話をがんがんしていた」「安倍さんは全部食べたが、オバマさんは半分ぐらいしか食べなかった」という。

事務レベル交渉は?

   どうやら、高級寿司店は熱い交渉の場となっていたらしい。このへんが「日本側の想定とはちがった」というのがTBSワシントン支局長の山口敬之記者が解説した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中