2018年 9月 23日 (日)

田中将大「敵地」で快投3勝目!切れ味鋭いスプリット―相手ファンもブーイング忘れて拍手

印刷

   ヤンキースの田中将大投手が躍動した。ライバルのレッドソックスの本拠地で3勝目をあげた。デビュー4試合での奪三振35はヤンキースの歴史でも最多の記録だ。「得意のスプリットがキレッキレ」と石井大裕アナの声もなんだかはずむ。

2ホーマー浴びても崩れず7奪三振

   雨が降り始めた4回、ヒゲの3、4番に連続ホームランを浴びたが、ここで崩れないのが田中だ。8回途中までこの2失点だけに抑えた。

立ち直り力

   司会の夏目三久「立ち直る力もすごいですね」

   敵地なので、実はブーイングも一部には予想されていたのだが、終わってみればすばらしいピッチングだった。

   キャスターの齊藤孝「相手からも拍手が出ていましたね」

   7奪三振、四球ゼロ。試合後の田中のコメントがいい。「ブーイングがすごいのではないかとビビらされていましたけど、きょうは全然なかった。皆さんに謝っていただきたい」

   余裕の笑顔を見せていた。

あっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中