2018年 8月 19日 (日)

<ファースト・クラス>(フジテレビ系)
虐められる沢尻エリカ楽しい!女のマウンティング怖いよ~笑顔で付き合い腹の中で罵倒

印刷

   沢尻エリカが8年ぶりの地上波連ドラに主演している。庶民的な衣料材料店で働いていたファッション好きの店員が、ひょんなことからファッション雑誌「FIRST CLASS」の編集部で働くことになり、女同士の泥沼の闘いが繰り広げられるというお話である。

   オープニングの人物紹介を兼ねたカットがマンガチックで、まるで少女マンガの始まりのようだ。たとえば、沢尻は「独身 吉成ちなみ AGE26 家賃¥53000 六畳一間のアパート在住 虐げられるシンデレラ」、編集長役の板谷由夏は「既婚 大沢留美 AGE41 「FIRST CLASS」編集長 夫は10歳年下・子供ナシ 業界の絶対的女王」、副編集長役の三浦理恵子は「既婚 八巻小夏 AGE41 副編集長 社内結婚・小6の娘 隠れ肉食系性悪女子」といった感じでデータ-が並ぶ。

   ほかにも、編集部には正社員「腰掛系の腹黒コネ入社」川島レミ絵(菜々緒)や、契約社員「叩き上げハングリーモンスター」木村白雪(田畑智子)、専属No1モデルMIINA(佐々木希)No2モデルにERENA(石田ニコル)などが登場する。

「私以外、全員悪者」

   コネ入社の菜々緒のバッグを見て、田畑がすかさず「クロエの新作?」と話し掛けると、「ちょっとママの借りてきちゃって」と菜々緒は笑顔で返す。そのあとに、「はい、出たで!金持ち自慢」「悲しいですね。格差の現実。貧富の差」「その格差、いつか埋めてやるからな」「一生埋まりません」と田畑と菜々緒が心の声でやり合う。笑顔で話しながら、心の内は裏腹という女の本音と建て前、両方を描くのがこのドラマのツボだ。いま話題の女同士の格付け地獄=マウンティングに目をつけたところがいい。

   キャッチコピーは「私以外、全員悪者」。ここでいう「私」とは沢尻のことだ。誰がどうみてもお前が1番の悪女だろとツッコミたくなるが、虐められる沢尻は悲壮感がないので楽しめる。ファッション業界の内側にも興味がそそられるし、なにより女性はこういうドロドロドラマが大好物ときている。「女子あるあるドラマ」として楽しめるが、男性は女子の実態を見てドン引きするのでは!?

   沢尻がイジメにもめげず、どこまではい上がっていくか。その変貌が楽しみだ。(毎週土曜よる11時10分~)

<くろうさぎ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中