2018年 8月 22日 (水)

安倍・オバマ異例の一夜明けての共同声明!距離感大きかった「シンゾウ」「バラク」

印刷

   オバマ大統領と安倍首相はきのう24日(2014年4月)、首脳会談のあと共同会見し、互いに「バラク」「シンゾウ」と呼び合ったが、最大の焦点であるTPP(環太平洋経済連携協定)で合意できず、共同声明が翌日発表されるという異例の事態となった。

TPP「牛・豚肉の関税引き下げ幅」「自動車安全基準」合意できず

   オバマは尖閣問題に触れ、「安保条約第5条は日本の施政権下の領土すべてに適用される。尖閣も含まれる」と明言した。米政府はこれまでも同じ趣旨の見解を明らかにしているが、大統領が尖閣に言及したのは初めてだ。また、日本の集団的自衛権の行使容認を「歓迎し支持する」とした。

どうなるの?

   しかし、TPPについては「TPPは日本がアジア地域で重要なリーダーシップを果たすチャンスなんだとシンゾウに言った。日本が前進したいのならば改革が必要。TPPまさにその改革なのです」と強い口調で語った。

   TPPは首脳会談とその前後の閣僚協議を3回か重ねても詰め切れず、けさ25日に予定されていた閣僚協議も中止になった。牛・豚肉の関税引き下げ幅と自動車の安全基準で一致できなかったと見られる。

   甘利明担当相も交渉が行き詰まっていることを認めている。「首脳会談と閣僚協議を通して、日米韓の重要な懸案の道筋を確認した。今後、早期妥結に導くことが重要だが、大筋合意というわけではありません。進捗はありました。全体の間合いは確実に縮まっている。全体はセットなので、それはできていないということ。もう1回、担当をやりたいかといわれれば、やりたくないです」

   日米双方とも国内の圧力を抱えているだけに、簡単には妥協できない。

日米とも甘い見通し「相手側が譲歩してくるはずだ」

   キャスターのテリー伊藤「TPPはだめだったが、尖閣の発言などで今回は成功でしょう。アメリカは日本がTPPでもっと譲歩すると思っていたのかな」

   日本テレビ解説委員の青山和弘は「安倍・オバマには距離感があった。安倍さんは特定秘密保護法成立などを成果として米側の譲歩を期待したが、米側は要求を引き下げなかった。これで全体交渉の行方もわからなくなりました」

   司会の加藤浩次「このまま決まらないこともありうるということですか」

   青山「中間選挙が始まるとTPPどころじゃなくなります。その選挙までに決着したいとがんばったともいえます。日本もそう急ぐ必要はないので、そうすると漂流する可能性もありますね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中