オバマ大統領車に追走する謎の車―あれ何だ?黒塗りトラックや屋根アンテナだらけ

印刷

   オバマ大統領はきのう24日(2014年4月)は、天皇皇后両陛下訪問から始まって、首脳会談、拉致被害者家族との面談、日本科学未来館、明治神宮では流鏑馬、夜は宮中晩餐会と飛び回った。移動する車列はざっと40台。なかに見たことのない異様な車も混じっていた。

専用車は鋼鉄製の走るシェルター

   大統領が乗るのは専用のキャディラックのリムジンで、むろんアメリカから持ってきた。専用車は2台あって、どちらに乗っているかはわからない。1台はオトリというわけだ。装甲車並みの頑丈さでビースト(野獣)と呼ばれるだけあって、その仕様がもの凄い。ボディ、タイヤはもちろん防弾で、窓ガラスの厚さは15センチもある。強力な銃で狙撃されても割れない。ドアもボディも厚さ20センチあって、鋼鉄の部材が使われている。暗視カメラと催涙ガス発射装置も備えている。

暗殺の歴史

   その大統領車からずっと後の方にナゾの車が追走している。黒塗りの箱形のトラックだが、警光灯もがっちりついていて、後部ドアだけでなく側面も開くのか、取っ手がついている。警備の専門家も「何だろう?救急車か?」と首をひねる。特殊部隊でも乗っていて、万が一の時に出てくるのか。

   やはり黒塗りのワゴンタイプだが、屋根にアンテナが林立していて、レーダーらしき突起のある車もある。これは常に電波を発信して、遠隔操作の爆弾を防ぐ役割を負っているというが、仕組みはわからない。

   阿部祐二レポーター「1台1台が重要な意味を持ってるそうです。ただ、それについては明らかにできない機密事項が非常に多いということでした。大統領専用車は走るシェルターですね。本国から持ってくるのはアメリカだけといっていました」

都内走り回った40台の車列

   車列は5台の白バイとパトカーが先導し、さらに2台の白バイがついて覆面パトカーがいて、大統領専用車が2台続き、さらに延々と40台。これが羽田空港到着から銀座の寿司屋からホテルへと動くのだから、まさに映画みたい。「これ以上の警備はないだろう」と専門家も驚く。

   香山リカ(精神科医)「前に来たときに講演会にも行ったけど、笑顔で優しい方だなと思いましたが、4年半で顔もきびしくなって、苦労されてるんでしょうね」

   阿部「(シークレットサービスも)もうビリビリしてましたね」

   キャスターのテリー伊藤「ケネディをああして亡くしているからね、仕方ない」

   いやいや、リンカーンもあります。レーガンも撃たれてる。これがアメリカ大統領の日常。よくやる気になるわい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中