2018年 8月 20日 (月)

向井亜紀「息子から『お母さん、死んじゃうの?』と聞かれて、誰にも言えない時間が長引いてしまいました」

印刷

   S字結腸がんの手術を受けたと報告したタレントの向井亜紀(49)が、「大腸がんのこと、言いそびれてしまっていてすみませんでした」と4月24日(2014年)にブログで謝っている。積極的に公表していなかったが、ことさらに隠していたわけでもなく、がん予防の講演会などでは話していたという。

   双子の息子たちには昨年(13年)夏の手術直前に伝えていたが、「ショックを受け、とてもナーバスになっていた」という。「お母さん、死んじゃうの?」と泣く息子を前に、説明に困って「結果、誰にも言えない時間が長引いてしまいました」という。

   息子は手術が終わったら「ペルセウス座流星群」を見にハワイへ行こうと誘ってきた。流星群のピークは入院中のため「ちゃんと治すから、次のペルセウスは一緒に見ようよ。どこの空で見るか、ちゃんと考えよう、ね」と約束したという。

   2学期が始まるごろまでには治ると話し、「みんなに心配かけなくてすむくらい、元気モリモリになっておくの。それまでだけ、内緒にしてて」と周囲に伝えないよう頼んだ。「『元気モリモリになろう計画』に集中するあまり、内緒解除のタイミングを逸しておりました」という。現在は回復していて、「またちょこちょこブログをアップし、何度体調を崩しても、しっかり立ち上がって楽しく生活している49歳向井の暮らしをお知らせしようと思います」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中