<そこのみにて光輝く>
函館の路地裏…貧しくてみじめで孤独な男と女が出会った!綾野剛・池脇千鶴が悲しい

印刷

   造船会社を辞めブラブラと過ごしていた達夫(綾野剛)は、粗暴だが純粋な青年・拓児(菅田将暉)とパチンコ屋で知り合う。拓児は達夫を家に招くが、達夫が目にしたのは辺りから取り残されたような1軒のバラックで寝たきりの父、その世話に追われる母、姉・千夏(池脇千鶴)の姿であった。世間から蔑まされたその場所で生きる千夏に、達夫は次第に惹かれていくが、千夏はある秘密を抱えており、その事実に直面した達夫は……。 佐藤泰志の同名小説を原作に、北海道・函館で生きる場所のない男女の出会いを呉美保監督が描いた。

不遇の作家・佐藤泰志への鎮魂歌

(C)2014佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会
(C)2014佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会

   冒頭のカメラワークが製作陣の原作への思い入れを物語っている。「観光地・函館」には映らない路地裏の土着的な切り取り方に重厚なリアリティを感じさせる。土地が人間を生み、物語が生まれていくというテーマは、脚本・高田亮、呉美保監督の原作に寄せる想いで、それが画面に充満している。不遇な作家・佐藤泰志に対する鎮魂歌であり、この映画の製作を支援した函館市民に対する愛情であろう。

   製作側の意図は役者のパフォーマンスと共鳴していく。絶望の内側から外の世界の光を渇望する千夏を演じた池脇千鶴は体当たりの演技を見せ、怒りと焦燥をもてあます達夫を演じた綾野剛は、若さだけが放つ妖艶な色気がある。菅田将暉の拓児は明日を保障されないことから来るのか、なげやりな生き方はATGの青春映画作品の主人公たちを想起させる。 傑作として決定的にしているのは脇を固める役者陣だ。造船会社の社長を演じた高橋和也の身勝手で滑稽な姿は格差社会の勝ち組の哀れさをあぶり出し、達夫のかつての上司・火野正平の「孤独」な表情はなにかを残していく。伊佐山ひろ子、田村秦二郎の好演も見逃せない。

   原作の「孤独」を描くことは、「人間が生きている」というだけで生まれる孤独を描くことだ。そうした孤独は気付いていないフリをして誤魔化しても、常に隣り合わせの孤独である。それでも生きていかなければならない。ラストの海辺に氾濫する淡いオレンジの光沢は、悲痛でありながら美しさが同居する人間そのもののような存在感を放つ。

丸輪太郎

おススメ度☆☆☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中