富岡製糸場「世界遺産効果」早くも入場者は過去最高、シルクアイス売り上げ2倍

印刷

   ユネスコの世界文化遺産登録が確実になった富岡製糸場(群馬県富岡市)は、きのう27日(2014年4月)に早くも入場者数4972人と過去最高となる人気だ。世界遺産登録は日本で14番目だが、昨年の富士山と違って、地味な歴史ものがたりの場だ。ゴールデンウイークもひと味違う賑わいになりそうだ。

これまで年間1億円かけて保存

   「旧富岡製糸場」という看板がかかった石造りの門を入ると、正面にレンガ造りの2階建の建物がある。リポーターの西村綾子は「住宅街の一角にあるんです」という。目立たずひっそりとしたたたずまいは、言われないとわからない。

養蚕工業化の記念碑

   世界遺産効果は絶大だった。去年の1日平均が900人の見学者がいきなりが5倍以上になった。「軽井沢へ行く途中に寄った」という東京の女性たちは、「けさニュースでやっていたので」という。ニュースがなかったら、「来なかった」。群馬県の女性は「群馬にはいいところがないから」

   登録対象は実は県内4か所にある。富岡製糸場は生糸から織物を織った工場で、ほかに近代養蚕農家建築の原型である「田島弥平旧宅」、蚕の卵の貯蔵所跡の「荒船風穴」、蚕の飼育法を教えた「高山社跡」がある。これら全体で技術教育をした女性たちをさらに全国に送って、輸出の柱であった生糸の質の向上と大量生産技術を普及させる役割があった。

   製糸場は1872年(明治5年)の建設から142年になるが、1987年に操業を停止してからも、年間1億円をかけて保存を続け、05年から富岡市の所有になった。このため、明治時代の状態がほぼそのまま保存されている。これが世界遺産登録の決め手となった。

周辺の駐車場満車、うどん屋も売り切れで閉店

   きのうは、いわば遺産登録のお披露目初日だった。入場者への説明はボランティアの市民の手で行われてきたが、この日はいつもの2倍の25人を動員。ほかに市職員まで加わって説明にあたった。

   町も活気づいた。名物のひとつ、マユの形をした葛湯「まゆこもり」は試飲コーナーを作って、普段の2倍の売り上げとなった。近くの「峠の釜飯」も売られていて、2分に1個という売れ行きだった。ほかにシルク入りのソフトクリームもあって、売り上げは「去年のゴールデンウイークの2倍くらい」という。

   うどん屋さんは閉まっている。あまりの客に手が足らなくて、午後2時に店を閉めてしまったのだという。駐車場は6か所あるが、これもいっぱい。ナンバーを見ると、横浜、福島、三河なんてのもあった。今週末からの連休本番はどうなることやら。

   司会の加藤浩次「教科書では見たことがあるけど、実際に見ると違いますか」

   西村「明治にできた時のままがたくさんあります。ボランティアの説明ツアーも面白いですよ」

   勝谷誠彦(コラムニスト)が「農業である養蚕を工業にまで高めた記念碑」とたいへんな蘊蓄。なぜかと思ったら「母方の実家は製糸業だった。没落して破産して大阪へ流れてきて、ボクが生まれた」

   キャスターのテリー伊藤「あの紡績機、あれを動かせたらいいな」

   勝谷「蚕がマユを作っているところもね」

   それはたしかに面白いだろうが、生き物の管理は大変だろうな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中