林葉直子「株主優待の桐谷さんは『将棋界の大恩人』。優しく真面目に指導してくださいました」

印刷

   元女流棋士の林葉直子(46)が桐谷広人(64)について「将棋界の大恩人」だと4月27日(2014年)にブログで話している。桐谷は最近「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)などで株主優待券を活用する生活が話題になっているが、棋士時代に林葉は面倒を見てもらったのだという。

   林葉が内弟子になって初めて対局したプロ棋士が桐谷だったといい、「テレビで見るのと同じように、優しく真面目に指導してくださいました」と振り返りながら、「そんな先生の真面目さゆえに起きてしまった事件」を思い出している。

   林葉が困窮して「新しい部屋に引っ越すのもやっと」だったころ、桐谷から「なにかあれば力になるよ」と連絡があった。すでに優待生活で知られていたため「優待券かなんかでコタツないですか」とねだったところ、数日後に「例の自転車」に乗って届けてくれたという。

   しかしコタツを見ても「なにか変」。コードや熱源、金網どころか天板もない。枠組みだけの「すっきりしたデザイン」の「妖怪こたつもどき」に足を突っ込みながら、「たぶん、これは先生が以前使っていたものだったんだろうなあ」と思いを馳せ、「桐谷先生って本当にいい人だなあ……………でも、足が寒い……」と感じたと語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中