2019年 8月 25日 (日)

マイクロソフト「IE」を使うな!米政府が警告「脆弱でハッカーから攻撃受ける」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   画面いっぱいにアイコンが出た。マイクロソフトのネット閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー(IE)」だ。森圭介アナが「お気をつけいただきたい、このマーク」という。

   司会の加藤浩次が「普段使ってます」

   森「これを使わないようにと、アメリカ政府が警告してます」

   加藤「エーッ?」

パソコン遠隔操作やネットバンキング不正送金

   米政府の国土安全保障省はおととい28日(2014年4月)、IEに脆弱な部分があり、ハッカーの攻撃を受ける可能性があるとして、他のソフトを使うよう警告した。対象はIEのバージョン6から最新の11まで。いま動いているものほぼ全部ということだ。

他のソフト選ぼう

   どういうことか。ソフトが脆弱で、ウイルスで細工されたページやメールを開くと、パソコンが外部から遠隔操作される恐れがあるというものである。個人情報が盗まれたり破壊されたり、ネットバンキングで不正送金もありうるという。

   IEのシェアは日本で50%といわれるから、これは大問題だ。他のソフトには、グーグルのクローム、ファイアフォックス、アップル系のサファリなどがあるが、「はいそうですか」と乗り換えができる人がどれだけいるか。できなければ、おっかなびっくりで使い続けるしかない。あるいは使わない?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中