2019年 6月 18日 (火)

札幌ボンベ爆発の名須川早苗!近所じゃ「普通の奥さん」が警察にどんな恨み?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   札幌市のガスボンベ爆発事件で、市内に住む51歳の女が北海道警に道警官舎を爆発させた疑いで逮捕された。無職の名須川早苗容疑者で、防犯カメラの映像分析や5日間にわたる家宅捜索から捜査線上に浮上した。本人は「やっていません」と否認している。道警は他の爆発や爆発未遂事件についても調べを進める。

「激発物破裂罪」逮捕!死刑か無期、5年以上の懲役と重い刑

   「激発物破裂罪」という聞き慣れない容疑だが、有罪なら死刑か無期、5年以上の懲役と刑は重い。

トラブル?

   一連の事件は1月(2014年)から札幌市北区内のスーパー駐車場やホームセンターで5件続き、どれも半径3キロ圏内だった。数十個の画びょうや2000本以上の釘を仕込んだボンベもあった。関与をほのめかす手紙が札幌北署や報道機関に届き、「次は交番を狙う」と予告していた。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中