日本卓球が元気だ!「世界団体」男女とも決勝T進出―狙え43年ぶり優勝

印刷

   東京で行われている卓球の世界団体選手権で日本が元気だ。とくに女子は3日目のきのう30日(2014年4月)、台湾を相手に4戦全勝で1次リーグ1位、男子もフランス、ポルトガルを下して、ともに決勝トーナメント進出を決めた。

   女子は石垣優香(24)、石川佳純(21)、平野早矢香(29)。ケガで福原愛が欠場しているが破竹の勢いだ。予選1位通過なので、決勝トーナメントで中国とは決勝まであたらない。中国は10大会中9回優勝している強豪だ。日本はこれまでトーナメントの途中でぶつかりすべて負けてきた。決勝に進出すると31年ぶり、優勝となると43年ぶりだという。

世界ランク1位中国、3位日本…じゃあ、2位は?

   司会の加藤浩次「中国は世界ランク1位でしょう。日本は3位で、2位は?」

見に行きたい

   森圭介アナが「2位は?」とスタッフを向いたが、「わからない」と馬脚を現したが、加藤は「久ぶりに迫ってほしい」

   キャスターのテリー伊藤「久しぶりに日本でやっているから、見にいきたい」

   ようやく調べがついて、杉野真美アナが「2位は韓国ですね」

   加藤「中国、韓国、日本かぁ」

   だれもがオリンピックを思い浮かべる。韓国選手のなかには母国では代表になれないからと、他国に国籍を変えて出場する選手もいる。それだけ選手の層が厚いということだ。

   日本だって若い選手にすごいのがいて、各地の大会を席巻しているのだが、テレビではあまり取り上げられないので知られていない。ちょっとさびしい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中