2018年 7月 23日 (月)

南房総は「道の駅」だらけ!魚介や野菜・果物など名産品ずらり揃えて産直販売

印刷

   ゴールデンウイーク後半の天気はいいらしい。そこで、南房総の「道の駅」巡りはどうか。それぞれに特色があって、地元の名産品販売も盛んだ。房総半島には9か所もあって、道の駅だらけなのである。

   北から「富楽里(ぶらり)とみやま」(南房総市二部)、「おおつの里花倶楽部」(南房総市富浦町大津)、「三芳村鄙の里」(南房総市市川田)、「とみうら枇杷倶楽部」(富浦青木)、「南房パラダイス」(館山市藤原・10月から再開)、外房には「白浜野島崎」(白浜町滝口)、「ちくら潮風王国」(千倉町千田)、「ローズマリー公園」(白子町)、「和田浦WA・O!』(和田町仁我浦)とある。

びわのソフトクリーム絶品です!

   「ちくら潮風王国」には変わったクレーンゲームがある。水槽の中にいる大型さざえを吊り上げて別の水槽に移せれば、さざえをもらうことができるのだ。1回200円。ゴツゴツしたさざえは吊り上げるのが意外と難しく、ゲットできる確率は5回に1回くらいだという。

   中村慶子アナ「サザエはゲームをやらなくても、1個250~300円で売られていいます」

   視聴者のFAXが紹介された。50代の女性からで「『とみうら枇杷倶楽部』をおススメします。かつて、『道の駅』ナンバー1に輝きました。枇杷ソフトが最高においしいです」という。南房総市はびわの生産で全国第2位なのだ。さっそく、「とみうら枇杷倶楽部」に出かけてみると、ありました!おススメの枇杷ソフトクリーム。ほかにも、完熟枇杷ゼリー、枇杷カレーなどびわ三昧である。この道の駅ではもう一つの人気が以下メンチバーガー(380円)だという。すぐ目の前でとれたイカをふんだんに使って、あたりでは定番メニューだ。

   房総ドライブの途中で道に駅に寄り道して、魚介や野菜など新鮮な地ものをお土産になんていうのがいいかもしれない。

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中