2018年 7月 23日 (月)

御朱印ガール増殖中!神社仏閣めぐりで墨筆と赤い印章―1番人気は谷保天満宮

印刷

   御朱印ガールがすごい勢いで増えているという。神社や寺で参拝した証しとして帳面に寺社の名を書き入れ、朱色の印を押してもらう女性たちだ。思い出作りや趣味の一つに、あるいはパワースポットブームのつづきなど、魅かれるわけは人によっていろいろ。1日に何か所もめぐるファンもいて、このゴールデンウイークには長い行列ができた神社もある。

神田明神宮司「3、4年前から2、3割は増えています」

   GWの日曜日、東京千代田区の神田明神にできた行列のお目当ては、見事な達筆と赤い印章のゲットだ。御朱印帳にしるしてもらう墨筆や印面が寺社それぞれに個性的なのも魅力らしい。寺社によって異なるが、多くのところが300円ぐらいで書きつけてくれるという。

マナー守って…

   「御朱印を求める人は3、4年前から2、3割は増えています」と神田明神の清水祥彦宮司は話す。36歳の女性は「すてきです。胸がときめきます」、40歳の女性も「神様がついていてくれるという安心感があります」と嬉しそうだ。なかには、結婚のご利益があったという人もいる。都内の36歳女性は「おかげで主人と再会でき、結ばれました」とにっこり。今も休みには家族で御朱印をもらいに出かけるそうだ。

もともとは写経納めた証

   御朱印は昔からご利益があるといわれ、もともとは写経をお寺におさめた証しであった。江戸時代ごろから今のスタイルになり、書籍も多く出版されている。

   このブームについて、レストランン経営の男性(50歳)は「趣味のスイッチが入りました。1か所だけでなく、ずっと続けていけます」と、5年前からは御朱印の会をつくった。20人が集まり、御朱印トークで盛り上がっている。

   「日本一かわいい」と若い女性に人気というのが東京・国立の谷保天満宮の御朱印帳だ。菊池茂権禰宜は「参拝に若い女性が増えました。スタンプラリー的なきっかけでも、コミュニケーションにとても有意義です」と言う。

   キャスターの齊藤孝は手にとって「いいですねえ」

   司会の夏目三久「でも、皆さん、マナーを守って集めてほしいですね」

   ブームは全国で当分つづきそうだ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中