理研調査委員会STAP論文の再調査は不要。小保方側「到底、承服できない」

印刷

   STAP論文の改ざん・捏造問題で昨日、理化学研究所の調査委員会がSTAP論文の再調査は不要との結論に到達したという。

感想!?

   これに対して、STAP細胞研究のリーダーである理研の小保方晴子・研究ユニットリーダー側が緊急会見を行い、「到底、承服できない」(代理人弁護士)などとコメントを発表するとともに、調査委に提出済の「実験ノート」の一部を公開した。

   「新証拠」の公開は、「証拠を何も出してないと言われたくない。社会の皆さまに理解していただいて調査委員会の結論がおかしいと理解してもらいたい」(代理人弁護士)という思惑によって行われたそうだ。

   番組で紹介されたのはノートの一部分の断片的な画像と記述で、なかでも「陽性かくにん! よかった。」といった「感想!?」(菊川怜キャスター)や、ハートマーク(実験がうまくいったことを示す記号らしい)などが注目を浴びた。

   「最近の女性らしい雰囲気だね」(小倉智昭キャスター)

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中