2018年 7月 22日 (日)

川崎麻世「名前がコンプレックスだった。徹夜すると『麻世寝~ず』。心では傷つきながら一緒に笑ってた」

印刷

   俳優の川崎麻世(51)が「子供の頃 自分の名前にコンプレックスを持っていた」と5月8日(2014年)にブログで明かした。「変な名前といじめにあった事が何度かあった」が、体の大きさや力、持ち前の明るさで「俺はいじめには負けない子供だったな」と語っている。

   「俺をいじめる人間には 俺から仲良くなろうとした」といい、「麻世が徹夜したら麻世寝~ず」などと茶化されても、「心では傷つきながら一緒に笑ってたからね」と振り返る。「俺は俺なりのやり方で そういう連中も仲間にしたね。笑ってくれてありがとうってね」といい、「麻世って名前 今は大好きだよ」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中