コンビニ「コピー機」徹底活用!住民票や戸籍証明書から楽譜、観光マップも出てくるぞ!

印刷

   コンビニのコピー機がものすごい機能を持ち出した。「ファックス通信や写真プリントだけでなく、今はネットワークにつなげているので、新しいコンテンツが利用できます」(コンビニチェーン・サービス部の林田真功氏)

   どんなことができるのか。

自分が生まれた日の新聞が見たい!

   【行政サービス】「印鑑登録証明書」「住民票」「戸籍証明書」「納税証明書」などが簡単に取れるのだ。もちろん、年末年始を除き、朝6時30分から夜11時まで土日・休日でもOK。市町村が発行している住民基本台帳カードを読み取り機に置いて、自分の暗証番号を入力すれば約2分で出て来る。庁舎などに行く時間や交通費はいらない。ただ、このサービスに参加している市町村は85か所で、増えてはいるがまだ全国どこでもというわけにはいかない。

   【楽譜】一番の人気のサービスがこれで、クラックシックから最新ヒット曲まで4万曲の楽譜データがあり、1曲120円から印刷できる。

   【自分の生まれた日の新聞】朝日新聞、毎日新聞、読売新聞とスポーツニッポンの4紙からチョイスして自分の生年月日を入力すれば、その日の1面記事がプリントされる。

   中谷文彦アナ「ラジオテレビ欄も印刷できます。1面で500円です」

   誕生日プレゼントに添えたりしてなかなかの人気だ。

   【観光マップ】観光スポットや見どころに関する情報、移動距離と時間、おすすめ写真撮影ポイントなどを入手できる。

   有働「行政サービスで婚姻届が出せたら、酔っぱらった勢いで出したりして」

   中谷「ございません!」

   井ノ原「受理されないんだね」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中