伝説のドラマ「受験地獄」三浦春馬・城田優で32年ぶりリメーク!最新鋭4K映像

印刷

   1982年に日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」で放送された「受験地獄・東大受験 その朝めざまし時計が鳴らなかった」が、32年ぶりにリメークされることになった。三浦春馬と城田優が主演の「殺人偏差値70」で、この夏に放送予定だ。

   物語は東大受験の当日、寝坊した主人公が爆破予告の電話をして試験開始時間を遅らせるというところから始まる。しかし、主人公はこの事実を知る青年に脅迫され、人生を踏み外していくというサスペンスだ。原作は西村京太郎。

   82年の「受験地獄」は主人公の受験生を太川陽介、青年を大木隆介が演じた。「殺人偏差値70」ではそれぞれ三浦と城田が演じる。

   民放では初めてハイビジョンの4倍の解像度を持つ4Kカメラを使い、鮮明な映像も見どころとなりそうだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中