2018年 7月 23日 (月)

サイエンスは見抜いていた

印刷

   STAP細胞論文問題で昨日、理研調査委が会見を開き、論文に改ざん、捏造があったことを最終的に認定した。

   この会見を受け、スタジオで注目を浴びたのは、改ざんとされた画像の切り貼りに関する新事実である。一昨年、理研の小保方晴子・研究ユニットリーダーは科学雑誌「サイエンス」にSTAP論文と同種の論文を投稿し、掲載は却下された。その際に審査委員から、今回改ざんとされたのと似た画像について「不適切な加工がある」と指摘され、加工がわかるように明示することを求められていたという。

   しかし、その後も同種の「切り貼り」画像をCELLやネイチャーに投稿し続けたといい、ゲストの宮田満・日経BP社医療特命編集員は「決定的だと思う」「まさに知っててやった、故意でやったという、ピッタリの証拠が出てきてしまった」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中