2018年 9月 26日 (水)

春ドラマ「嵐マッチ」大野智リーダー快調!二宮和也は「弱くて勝てない」

印刷

   春ドラマは中盤に差し掛かっているが、人気グループ「嵐」の大野智と二宮和也が主演しているドラマの視聴率に注目が集まっている。大野の「死神くん」(テレビ朝日系金曜夜11時15分)は新米の死神(大野)が死を前にした人間の魂を迎えに行くヒューマンストリーで、死神なのに思わず人間を助けてしまう大野智の役どころが人気だ。1話完結で、神保悟志、柄本時生、杉咲花、平岳大ら人気俳優が週替わりゲストで出演するのも魅力となっている。最近回の第3話の視聴率は9・9%と10%を切ってしまったが、初回11・2%、第2話10・1%は深夜時間帯のドラマとしては非常に高さだ。

   一方、二宮の「弱くても勝てます」(日本テレビ系土曜よる9時)は進学校のへっぽこ野球部が新任監督(二宮)の下で甲子園を目指す学園ドラマで、ニノの芝居のうまさが光っているのだが、視聴率的にはパッとしない。初回の13・4%はまずまずだったが、あとは下がる一方で第4話は7・6%まで落ちてしまった。土曜のゴールデンタイムのドラマとしてはこれはきつい。

   「春ドラマ嵐マッチ」はいまのところ、深夜帯にもかかわらずゴールデンのニノを凌いでいる大野リーダーの圧勝というところか。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中