AKB卒業の野中美郷、芸能界も引退「ここ一年くらい、夢がぼんやりとしたものになっていた」

印刷

   元AKB48の野中美郷(23)が5月(2014年)いっぱいで所属事務所を辞め、芸能界を引退すると5月8日にブログで発表した。野中は今年2月にAKB卒業を発表し、4月22日には卒業公演を済ませている。

   「私の事を応援して下さるみなさんと出会えたのもAKBに加入できたおかげ」だとファンに感謝し、事務所にも「どんなときでも見捨てないでいてくれました」と話している。AKBのオーディションに受かった時には「夢って叶うんだ」と心から思っていたが、「ここ一年くらい、その夢がぼんやりとしたものになっていて 正直、何がしたいかわからなくなっていました」という。

   悩んだ結果、卒業だけでなく芸能界引退も決めた。「憧れのAKB48のメンバーになれて皆さんと出会えた」と喜びつつ、「ここまで応援してくださった みなさんと会えなくなってしまうのは本当に寂しいです。でもそれもまた私の人生かな…と」と語る。芸能界引退後も9月の握手会までは参加するため、「よかったら会いに来てください」と呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中