占いのゲッターズ飯田、尿道結石で入院「異変は手相に出ていた。医者嫌いと忙しさでほっといただけ」

印刷

   占いタレントのゲッターズ飯田(39)が尿道結石で今月入院すると、5月8日(2014年)にブログで明かした。10歳のころに石ができたことがあったため、「いつかなるとわかっていたがこれほど痛いとは 子供の頃の自分がこの痛みを耐えたと思うと本当に凄いと思う」と話している。

   9日には「これほど連絡が来るかと思うほどメールやら電話やら連絡を頂いた」と心配の声に驚き、「そもそも左側の異変は手相に出ていた」と明かした。「自分が医者嫌いだったのと ここ数年忙しかったのでほっといただけ」だといい、「石の予想はある程度していたので驚きはしない」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中