駅前屋上バーベキュー人気!食材も器具もすべて用意―手ぶらで出かけて後片付けもなし

印刷

   兵庫県赤穂市の山火事は東京ドーム15個分の広さを焼きつくし、山陽自動車道なども7時間半にわたり通行止めとなったが、原因はバーベキューだった。「消火を確認しないで炭火を捨てた」として、男性会社員(40)が森林法違反の容疑で逮捕された。

   このニュースの後の「チャン知り」コーナーが、なんと新しいスタイルのバーベキューが大流行という話題だった。以前から予定していた偶然か、意識しての展開か。どちらにせよ、なんだか皮肉なことになった。司会の夏目三久が「皆さん、正しい消火を」と繰り返し呼びかけていた。

兵庫県赤穂市でBBQの火の不始末で山火事!そんな心配もなし

   逮捕された男性は容疑を認めているという。家族は「水をかけたんですけど、火が風で飛んで」とインタフォン越しに話した。

火の後始末

   日本バーベキュー協会の下城民夫会長によると、炭火は表面が消えたと思っても火種が残るケースがよくあり、ふたで密閉する火消しツボを使うか、バケツの水に炭火を徐々に入れて10分以上浸すことが必要があるという。「びちゃびちゃになる程度まで完全消火するのが一番基本です」

   夏目はフリップを示して、「軍手で扱うのは危険」「そばにバケツの水を置く」「着火剤の使い方に注意が必要」と強調していた。さらに、水を(一気に)かけると水蒸気でやけどする可能性もあり、炭火を穴に埋めず、火消しツボに入れてふたをすることなども強調していた。

埼玉県ではゴルフ場も参入、インストラクターの出張サービス

   バーベキューといえば郊外でやるものだったが、いま流行っているのは商業施設の屋上でやる新スタイルだという。食材や器具すべてを施設側が用意してくれ、駅近くで手ぶらでできるのが売りだ。全国20か所で運営する企業もある。

   渋谷のデパート屋上では、女性客が「楽です。用意も洗い物もしなくていい」と話し、食品売り場にはバーベキュー向けの肉やカット野菜も売られている。来月(2014年6月)には埼玉県内のゴルフ場も参入して、ゴルフ以外の客を呼び込むという。インストラクターによるセッティングの出張サービスもある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中