2016年NHK大河ドラマ「真田丸」真田幸村役は堺雅人?三谷幸喜がオリジナル脚本

印刷

   2016年のNHK大河ドラマは、三谷幸喜のオリジナル脚本で戦国武将・真田幸村を主人公にした「真田丸」に決まったが、幸村役には堺雅人が有力と見られている。大坂の陣では少ない手勢を率いて徳川家康の本陣直前まで攻め込んだ猛将だが、堺ではちょっと線が細い印象がしないでもない。

   堺はこれまで大河ドラマには、2004年の「新選組!」、08年の「篤姫」に出演している。現在、堺側と出演の方向で調整中とも伝えられているが、NHKは「まだ何も決まっていません」としている。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中