お腹ポッコリ、腰痛、猫背…あなた 大腰筋が衰えてます!道端カレンが教える「鍛え直し」

印刷

   お腹ポッコリが気になる季節になった。カロリーオーバーのメタボということもあるが、大腰筋の衰えも原因なんだという。みぞおちあたりから太腿の付け根までをつないでいる大腰筋は、中年期から急激に衰える。衰えると、このほかにも歩く速度が遅く、歩幅も小さくなってつまずく、腰痛なども引き起こす。腰痛で悩む宮下純一(タレント)が報告した。

靴下は屈んで履くな

   大腰筋を鍛え直すことはできるのか。2児の母の荒木靖香さん(34)が医学療法士の中野崇さんのチェックを受けた。荒木さんのウエストは69センチ、ジーンズのサイズは61センチから67センチにアップして、腰痛と猫背とお腹ポッコリに悩んでいる。中野さんは靴下を持ってきて、「靴下の履き方で大腰筋の鍛錬ができます」と言う。椅子にしっかりと座り、姿勢を保ちながら足を持ち上げては履くと大腰筋が鍛えられる。

   足を床に付けたまま屈んで履く人は大腰筋が衰えている証拠だ。荒木さんがこの太腿挙げ運動を1週間続けたところ、ウエストが69センチから67・3センチになった。

お尻歩きで脇腹も締める

   モデルで2児の母の道端カレンさんが推奨するのがお尻歩きだ。床に尻をつけて座り、前に軽く伸ばした脚を片方ずつ前に伸ばすようにしてお尻をずらして進むのだ。「ポイントは1歩1歩前に出すときに、上に伸びるように意識することです。さらに足を出して進む時に脇腹を締めるとウエストが締まってきます」

   腰痛回復にはアザラシポジションなんていうストレッチがある。愛知県豊橋市の太田邦昭医師が説明する。「ベッドや床にうつぶせで肘を立てて寝て、アザラシの格好を10秒間保ちます。次に肘を外してうつ伏せを5秒間。これを5回繰り返えします。続いて、膝を曲げて仰向けで腹筋運動を行います。息を吸いながらゆっくりと体を起こして、息を吐きながら戻す。これも5回繰り返してください」。

   この運動は1日2回繰り返す。ただ、アザラシポジションは肩に力を入れたり胸を張ると腰に負担がかかり、かえってよくない。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中