サッカーW杯「スタジアム建設」間に合わない!本当に試合できるのか?空港はテントで代用

印刷

   開幕まで1か月を切ったサッカーW杯ブラジル大会だが、スタジアムなどの建設工事が間に合いそうもない。ブラッターFIFA会長も「会場建設などでこれほど遅れた大会は見たことがない」とあきれ顔だ。

   司会の夏目三久「開会式などの準備は進んでいるのかしら」

   石井大裕アナ「当初は予選リーグで12会場を予定していますが、5会場がまだ未完です。海外からのファンの受け入れや移動のために13空港のターミナルビルの整備などを進めてきましたが、整備が間に合わない空港も多く、テントで代用するという案も出ています」

強盗ウロウロ…発生率は日本の400倍!襲われたら抵抗せずあり金全部渡せ

   元TBSアナウンサーの竹内香苗がサンパウロに住んでいる。「こちらでは何でも遅れるのが当たり前です。郵便物も遅れて届きます。こちらの人は工事が遅れても、ワールドカップは開催されるだろうと楽観してますね」

開会式は大丈夫?

   石井「ただ、気になるのは治安の悪さです。日本の外務省はブラジルについて、犯罪の発生が多いと注意喚起しています。強盗事件の発生率は日本の約400倍です」

   竹内「私も強盗に襲われたことがあります。そういうときは抵抗せず、おとなしく金品を渡すこと。そうすれば無事です」

   石井「現地では日系人や日本人会の人がサポートを開始しており、ツイッターやフェースブックにも現地情報があり、そういうのを参考にして欲しいと竹内さんは話しています」

   テレビで見てよっと!

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中