<ダウントン・アビー>(NHK総合)
もう愛憎ドロッドロ!イギリス貴族の館「のぞき見」相続に汲々の主人一家、足引っ張りあう使用人たち、同性愛…すっごい世界だわあ

印刷

   たまには海外ドラマを見て、日常とかけ離れた世界に浸るのも良いかもしれない。これは約100年前、タイタニック号が沈んだ頃のイギリスのお話である。舞台は田園地帯にあるダウントン・アビーと呼ばれる伯爵の館だ。脚本家自ら爵位を持つ貴族だそうだから、貴族社会の内情をかなりリアルに描いているらしい。

ニッポン庶民にはうかがい知れぬ陰湿階級社会

   イギリスだけでなく、ヨーロッパに行くと、広い畑や牧草地風景の中にりっぱな館が見えることがある。観光施設になっているものには入ってみたことがあるが、「昔、貴族に使われていた建物」として見るだけで、なかなか実際の生活まではイメージできない。ハァー、でっかいなあ、すごいなあ、と思うだけだ。

   そんなニッポン庶民の私に、現代にまで続くらしい西洋の牢固(ろうこ)たる階級社会を、つかの間、のぞき見させてくれるのがこのドラマである。近頃、とんと洋画を見なくなったが、むかし見た城を舞台としたいくつかの洋画では、主要人物は貴族ばかり、給仕など使用人は家具同様の背景扱いで、あまり生きた人間としては描かれてなかったように思う。それがこのドラマでは、使用人たちの人間模様が主人一家と同等の比重で扱われている。

   まず、伯爵一家5人に対して使用人の数の多いこと。どうも主人一家というより、館そのものに付いているらしい。そして、会社みたいに細かく職務が決まっていて、役職や地位の取り合い、いじめもある。まあ、当然と言えば当然だけど。でも私には、執事をはじめ、家政婦長、従者、第一下僕、第二下僕、侍女、メイド長など、何をどう仕事としているのか、どっちがえらいのか、ちっともわからない。そこで、見ていくうちにだんだんわかってくるだろうと興味津々なわけである。

婚約者がタイタニック沈没で事故死!政略結婚の思惑外れ

   貴族側の事情もなかなか大変だ。この伯爵家では、資産を分散させないため、相続人は1人、男系の男子と決まっている。現当主には娘3人しかいないので、傍系にあたる従弟の息子に相続させ、彼と娘を結婚させて、結果として娘の系統に継がせようとしている。ああ、ややこしい。イギリスでは、現エリザベス女王に至るまで何人も女王が出ているのに、何で娘が女伯爵になれないのか不思議だ。それぞれの家のやり方があるということなのか。

   で、第1回冒頭からの大波乱は、相続人となる予定の婚約者がタイタニック号に乗っていて沈んでしまったことである。このままでは現伯爵亡き後、相続権のない妻と娘は館から放り出され、伯爵の称号と領地・財産は見ず知らずの遠縁に渡ることになってしまう。現伯爵は莫大な持参金を持ったアメリカ女と金目当てで結婚したのに、彼女の持参金まで持っていかれてしまうとあっては、一大事だ。そこで、伯爵家相続をめぐる結婚そのほか駆け引き大作戦が展開されるというわけだ。

   なお、使用人の忠誠心やプライド、従者と主人の同性愛関係など、「へーえ、ふむふむ」もいっぱい。(日曜よる11時~)

(カモノ・ハシ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中