やっと結えたマゲ効果?遠藤に金星!初土俵から8場所目は過去2番目の早さ

印刷

   大相撲夏場所で遠藤が新横綱の鶴竜を寄り倒して初金星を挙げた。立ち合いから突っ張って一気に土俵際へ。最後は体を浴びせるように寄り倒した。初土俵から8場所で金星は2番目に早い記録だ。遠藤は髪がのびマゲを結えるようになったが、金星というおまけも付いた。

   石井大裕アナ「勢いがありましたね」

   司会の夏目三久「はい、勢いが」

   客席では歓声とともに座布団が舞った。

けいこでは鶴竜に3勝63敗

   土俵から戻って遠藤は「まわしをつかんだら食らいつくのが精いっぱいでした」と振り返った。「横綱に勝つのは夢というより目標でした。達成できてうれしい。これで慢心せずにあしたからも頑張りたい」と話す。

勢いがあります

   横綱鶴竜は遠藤が先場所敗れて血を流した相手だ。今場所前には何度もけいこをつけてもらった。けいこでは遠藤の3勝63敗だったが、本番は正反対の結果になった、これも勝負の世界か。

杉山邦博「200点の満点。今場所勝ち越しはかたい」

   夏目は「胸を借りるつもりで挑んでいったのですね。鶴竜さんも優しいですね、けいこを続けさせてあげて」と大まじめに称えていたが、互いに鍛えあってのフレッシュな真剣勝負に相撲ファンがわいた。

   東京相撲記者クラブ会友の杉山邦博さんは「200点満点、会心の一番です。横綱に真っ向勝負を挑んで勝ったところに価値があります。私は遠藤の(今場所)勝ち越しを確信しています」と話している。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中