伊勢丹のPV「ISETAN-TAN-TAN」世界中で大人気!売り場やフロアで踊りまくる従業員400人

印刷

   老舗デパートの伊勢丹が作ったプロモーション・ビデオ(PV)が、世界145カか国で34万回以上も再生されるという大変なことになっている。

   司会の加藤浩次「どんなもの作ったの?」

   これが、「ISETAN-TAN-TAN」という矢野顕子さんが作った曲に乗って、店内で男女が踊りまくるという、まあ老舗としては破天荒な内容だ。コーヒーショップで、廊下で、売り場のフロアで、陳列商品の間で男女が楽しそうに踊っている。

作詞・作曲は矢野顕子、振付けはMIKIKO

   ちょっと不揃いなところもあるなと思ったら、踊っているのは全員が伊勢丹の従業員だった。総勢400人が新宿本店ほかで踊った。売り場によってはエプロン姿だったり、伊勢丹のショッピングバッグも小道具として効果的に使われている。

どんな中身なの?

   最後は、どこだろうか、見通しのいいフロアに150人ほどがぴょんぴょんと跳ねてみせる。作詞・作曲は矢野顕子、振付けはMIKIKO。社内で希望者を募集して、オーディションも行われたそうだ。

伊勢丹に行って店員さんに頼めば踊ってくれる?

   キャスターのテリー伊藤「行きたくなるね」

   加藤「いろんな百貨店で始まりそうですね」

   テリー「矢野さんの声がいいね。軽い感じで」

   加藤「織田君、どう?」

   きょう15日がコメンテーターとして初出演のフィギュアスケート選手・織田信成は「凄く楽しそう」はよかったが、「伊勢丹に行ったら踊ってもらえるんですかね」と大ボケをかまし、スタジオは大笑いとなった。

   テリー「織田君なら踊ってくれるかもしれない」

   森圭介アナ「これがきっかけとなって、ブームになるかもしれませんね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中