次期NHK朝ドラ「マッサン」撮影順調!主演シャーロットの日本語に玉山鉄二「僕の方が危ない」

印刷

   今期後半のNHK連続テレビ小説「マッサン」(9月27日スタート・月~土あさ8時)の撮影が7日(2014年5月)に始まり、14日に主演の玉山鉄二、シャーロケット・ケイト・フォックスが会見した。物語は「ニッカウヰスキー」創業者の竹鶴政孝と英国人妻リタの苦労と夫婦愛を描くもので、シャーロットは米国人女優。主役に決まって日本語を猛勉強中だが、玉山は「本読みの段階でほとんど覚えているのにはびっくりします。僕の覚えの悪さの方が心配で、NGも僕の方が多い」と笑わせた。シャーロットは「『ごめんなさい』というと、みんなが「大丈夫」と言ってくれるんです」と話す。

   この日は政孝の生家「竹鶴酒造」でロケが行われた。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中