解釈改憲で集団的自衛権!安倍首相が示したパネル欺瞞「アメリカは常に正義か」

印刷

   安倍首相はきのう15日(2014年5月)、集団的自衛権に関する「基本的方向性」を示し、憲法解釈の変更で集団的自衛権を行使しても憲法9条には触れないと、その必要性を強調した。歴代政権が守ってきた憲法解釈を「私には国を守る責任がある」でひっくり返すつもりだ。

与党・公明党も「これまでの憲法解釈で対応できる」

   首相の私的諮問機関「安保法制懇」がこの日に報告書を提出し、会見はこれを受けてのものだったが、「法制懇」のメンバーはもともと安倍の息のかかった人たちで、その考えを字にしたものといっていい。

自衛隊員たくさん亡くなる

   安倍は行使は「限定的」だと、具体例を2つのイラストのパネルで示した。ひとつは紛争地から避難する日本国民が乗ったアメリカ軍の艦船が攻撃を受けたとき。もうひとつは海外で働くNGOや国連PKOが攻撃されたとき。今の憲法解釈では自衛隊が守ることができないという説明だ。まあ、前者の例はいったいそんなことがどこで起るのかというような例だが、後者は確かにあり得る。

   安倍は「いかなる憲法解釈が適切なのか」と、政府としての検討と(公明党との)与党協議に入るという。秋には閣議決定し、さらに年内にも自衛隊法の改正に持ち込みたい意向だ。

   しかし、公明党の山口代表は「もっと実情に沿った検討が必要だ。これまでの憲法解釈で対応できるのではないか」と距離を置いている。野党の民主党・海江田代表は「手の込んだ芝居。拡大解釈の可能性がある」、共産党の志位委員長は「憲法を破壊し、戦争する国づくりへの暴走」とボロクソだ。

首相が直接指示「パネルには子どもの姿入れろ」

   司会の加藤浩次「限定的なら行使は可能だということですが…」

   日本テレビ解説委員の青山和弘は「パネルというのは異例でしたね。自衛隊はこんなこともできないんですよと例示して、国民感情に訴えようとした」という。2つの例は安倍自身がチェックして、子どもの姿を入れるとか、こだわったのだそうだ。

   香山リカ(精神科医)「これを見て、『ああ、そうか』と思った人は多かったかもしれないが、これまでの歴史や葛藤を、これ1枚で越えるというのは疑問ですよ」

   菊地幸夫(弁護士)「本来は憲法を改正してやるべき問題ですよ。解釈ですべきではない」

   まあ、憲法改正ができないから打って出たいわば「安倍流」だ。

   キャスターのテリー伊藤「(パネルには)どうして戦争になったのかがまったくない。アメリカは常に正義じゃない。それに日本が一緒になっていていいのかもある。戦争の原因まで考えないといけない。それに実際に起ったときには、自衛隊員はたくさん亡くなる」

   加藤「安倍さんは抑止につながるといっています」

   テリー「何百人も亡くなった時に、日本人にそういう覚悟があるのか。そこをしっかり考えてほしい」

   国民は「自衛隊がやってくれる」と思っている。覚悟なんかあるまいよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中