浅田真央「来期は休養」ゆっくり今後のこと考えたい!平昌五輪出場あり得ない

印刷

   今後の選手活動を聞かれるたびに「ハーフ、ハーフ」と答えていたフィギュア女子の浅田真央が来期休養の意向を固めた。19日(2014年5月)付の日刊スポーツが伝えていると小松靖アナが取り上げた。

1年間、気持ちと体休めたい

tv205104_pho01.jpg

   ソチ五輪後、アイスショーなどで全国を回りながら思案し、出した結論だという。19日に行われた記者会見では4年後の平昌五輪については「(滑っているイメージは)ないですね」と答え、「この1年間、しっかり自分の気持ちと体を休めたい」と語った。司会の羽鳥慎一は「1回ぐらい休んでいいんじゃないですかね」と話す。石原良純(タレント)は「帰ってくる場所がいくらでもあるしね。ボクは1年休んだら帰る場所はないですから。帰ってきても力ありますから」とわけのわからないことを口走っている。

   前田典子(モデル)「1回休んでみると、またやりたくなりますよ」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中