ASKA逮捕「警察の並々ならぬ意気込み」イモづるで一気に捜査拡大狙い?

印刷

   「CHAGE and ASKA」の活動で知られる歌手のASKAが、今年4月(2014年)6日、12日に東京・港区のマンションで、知人女性とともに覚せい剤を所持した疑いで逮捕された。2人とも容疑を否認している。

   ASKAは尿検査で陽性反応が出ており、自宅から覚せい剤の粉末や空の袋、MDMAとみられる錠剤約90錠、覚せい剤の検査キット複数が見つかった。

通常は現行犯逮捕

珍しい逮捕

   麻薬捜査の経験もあるという元東京地検公安部長の若狭勝弁護士は、今回の逮捕に「警察の並々ならぬ意気込みを感じる」と話す。「覚せい剤所持事件は現行犯逮捕のパターンが非常に多いのです。(ASKAの逮捕のように)ちょっと前の使用の、しかも警察官が必ずしも現認しているわけではない事件で逮捕するというのは、例が少ないですね」「この所持事件は起訴できなくても、覚せい剤使用などの証拠をつかむためのきっかけとする意味合いがあります」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中