NAOMI「(ASKAを)信じたいですが、現実的には『嘘』を伝えたことになってしまいました」

印刷

   中野浩一の妻で歌手のNAOMI(50)が5月17日(2014年)にブログで「謝罪」している。NAOMIは昨年8月、「CHAGE and ASKA」ASKAこと宮崎重明容疑者(56)の薬物問題が報じられた時に、本人から「反社会的な世界の同級生など1人もいない」などというメールを受け取ったと明かしていた。

   ニュースを受けて「私も倒れそうなぐらいショックを受けています。今 凄く混乱しています」と語り、「今でも信じていますが 信じたい、ですが…現実的には ここにて『嘘』を伝えた事になってしまいました。本当に申し訳ございませんでした」と話している。

   宮崎容疑者は当初、「一過性脳虚血症」を理由に休養していた。宮崎容疑者を「ASKA兄」と慕うNAOMIは、8月に電話で話した際、「血圧も安定していて病気は殆ど『完治』みたいです。自宅のスタジオにてバンドのメンバー皆さんと一緒に新曲をたっくさん作っているそうです」と近況を伝えていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中