片山祐輔ついに墓穴!捜査員の目の前でアリバイでっち上げと証拠隠滅

印刷

   他人のパソコンを遠隔操作して殺害などを予告したとして威力業務妨害などの罪で裁判中の片山祐輔被告(32)が、自作自演のアリバイつくりで墓穴を掘った。先週16日(2014年5月)、報道機関に届いた真犯人を名乗るメールには、「あ、真犯人です。お久しぶりですね。なんでこのタイミングかというと、片山氏がかわいそうになったからです。警察・検察は片山被告に1億円ぐらい補償してあげてくださいね…」とあった。

東京・荒川河川敷に埋めたタイマー送信のスマホ

   自作自演メールの送信時間は午前11時37分で、片山はこの時刻に東京地裁に出廷中で、裁判終了後の会見で記者からメールの差出人を問われた片山は、「自分ではない」と答えていた。ところが、警視庁の捜査員が前日の15日夕、片山が東京・江戸川区の荒川河川敷で何か埋めるのを目撃していた。16日に掘り返したところスマホが出てきて、メールと同じ文言があったほか、スマホの付着物から片山のDNA型が検出された。メールはタイマー機能を使って送信したとみられている。

新たな謎

   東京地検は片山が真犯人を装ってメールを送った自作自演で、証拠隠滅を図ったとして東京地裁に保釈取り消しを求める手続きを取った。

   納得できないのは片山の無罪を主張してきた主任弁護人の佐藤博史弁護士だ。「片山さんは今の時期にこんなメールを書く動機は絶対ない。(姿を消した理由について)よほどショックを受けたとしか考えられない。最後の電話は19日午前10時22分ですけど、その後、音信不通になっちゃって…」

落合洋司弁護士事務所に郵便物!大阪・難波郵便局受付のハードディスク3つ

   これまでも犯行声明のメールが送りつけられていた落合洋司弁護士事務所に19日、ハードディスクが3つ入った郵便物が届いた。宛名は「泉岳寺前法律事務所 片山祐輔」となっており、差出人は空欄で消印は17日、大阪・難波郵便局となっていた。落合弁護士は「警察なり専門性のある人にゆだねて、中身を確認してもらう」としている。

   司会の羽鳥慎一は「先入観ですが」と前置きして、「保釈中だし、絶対に監視されているわけじゃないですか、あんな広い河川敷に埋めるわけがないと単純に思うんですけど」と言う。

   岩上安身(ジャーナリスト)「第一にスマホをどうやって買えるのか。いまスマホを持つにも、パソコンを持つにもぜんぶ弁護士の管理下にある。それを買って送信して埋めに行くのはものすごく不自然なことですよ。裁判を早く終わらせたいからやってみたという理屈も成り立つが、やったとしても、一連のPCの遠隔操作の真犯人となるかは別の話です」 ナゾがナゾを呼ぶような事件。岩上は「いまは片山被告にしろ、別に真犯人がいたにしろ、みなが単独犯とみています。複数犯と考えることで広がりが出てくる。検討課題かなと思っています」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中