「片山祐輔が真犯人じゃないか!?」1度は疑った主任弁護人「おやっと思った『自分はサイコパス』」

印刷

   パソコン遠隔操作による殺人予告など一連の事件で、無罪を主張していた片山祐輔被告(32)が一転、「私が犯人です」と事件のすべてが自分の犯行だったことを認めた。片山は保釈を取り消され東京拘置所に再拘留された。

「真犯人メール」のウソばれて観念!「私がすべてやりました」と電話

   前日まで無罪を主張し続けた片山被がなぜ自ら真犯人だと打ち明ける心境になったのか。発端は先週15日(2014年5月)、東京・江戸川区の荒川河川敷で何かを埋めるのを捜査員に目撃されたことだった。その翌日に片山が東京地裁に出廷中、「あ。真犯人です」と名乗るメールが報道機関に届いた。そこで捜査員が河川敷を掘り返したところスマホが見つかった。そこにはメールと同じ文面が残され、スマホの付着物から片山のDNA型が検出された。

ウソの天才

   片山が主任弁護人の佐藤博史弁護士に話したところによると、「母親から『前のような平穏な生活がいつ来るんだろう』と口癖のように言われ、1日も早く裁判を終わらせたい気持ちになってメールを送信した」という。

   自作自演がバレたことを知った片山は、東京・江東区亀戸の公園内トイレで自殺を試みたが死にきれず、高尾山に行き、缶入り酎ハイ5缶を買って、飲みながら山中をさまよい自殺を試みたがやはり死にいきれなかったと話しているという。そこで京王線・高尾山口駅から4駅目の山田駅まで行き、ホーム下の退避場所に潜り込んで電車に飛び込もうとしたが、それもできず、その場から佐藤弁護士に電話して一連の事件の犯行を告白した。その夜は新宿区内のホテルに宿泊したという。

連絡絶って再三自殺試みた…これもウソか?薄ら笑い浮かべて連行

   佐藤弁護士は片山の無罪主張を疑ったこともあったらしい。「真犯人ついてどう思うか聞いたところ、『嘘が自然につけるサイコパスだと思います』と話し、『実は自分もそうなんです』と言われて、オヤッと思いました」と話している。20日朝、薄ら笑いを浮かべて姿を現した片山を見ると、再三自殺を試みて憔悴した姿とは程遠いい。自殺もまたウソなのではと疑いたくなる印象だった。

   萩谷順(法政大学法学部教授)「佐藤弁護士はびっくりしたでしょうね。本人は前日まで無罪と言っていたのだから。かわいそうになってしまいますね」

   元検事の大澤孝征弁護士「(こういうケースは)たまにありますよ。でも、弁護士まで信じ込ませてしまった片山さんはなかなかのもんだと思いますね。天才ですね。ただ、犯罪に関しては素人で、自分を過信しすぎて墓穴を掘った。捜査当局に現実世界における行動パターンを完全に読まれていたんです」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中