布川敏和「飛鳥さんがちょうど30年前、僕のために作ってくれた名曲『MIDNIGHT 2 CALL』」

印刷

   タレントの布川敏和(48)がシブがき隊時代の曲「MIDNIGHT 2 CALL」について、5月20日(2014年)にツイッターで話している。この曲は1984年に「CHAGE and ASKA」のASKAから楽曲提供されたものだ。

   作詞・作曲ともにASKAが手がけ、86年にはセルフカバーのシングルも出ている。曲が作られたのはちょうど30年前で、布川は当時18歳だった。「飛鳥さんの家に遊びに行った時、僕をピアノの前に連れて行き、キー合わせをして、僕の為に作ってくれた名曲」と語っている。

   「MIDNIGHT 2 CALL」は、2010年発売のアルバム「君の知らない君の歌」でもセルフカバーされたが、ASKAが覚せい剤取締法違反で逮捕されたため、現在は出荷停止となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中