2018年 7月 22日 (日)

ミス・ティーンUSAの裸盗撮!パソコンにウイルス入りメール送りつけウェブカメラ操作

印刷

   ミス・ティーンUSAに選ばれた大学生が部屋で裸になっているところを盗撮されて脅迫される事件があった。「しかし、誰も彼女の部屋に入ってなかった。隠しカメラもなかった。犯人はどうやって盗撮やったのか」(司会の小倉智昭)

4000円で「のぞきソフト」購入した元同級生男

   この事件の犯人は女性の元同級生の男で、現在、受刑中だという。男は「のぞきソフト」をネット上で約4000円で購入し、ウイルス入りのメールを女性に送りつけるなどして、女性のパソコンに内蔵されていたウェブカメラ(ビデオチャットなどに用いられるカメラ)を遠隔操作していた。

   ITジャーナリストの三上洋氏はパソコン盗撮対策として、「パソコンの電源を切る(ノートパソコンの場合、閉じればカメラに映らない)」「ウェブカメラの部分を黒いテープで覆う」などを挙げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中