『週刊文春』ASKAのインタビュー録音公開!「詞書く時にアンナカ使ってる。パッと目が覚めます」

印刷

   覚せい剤所持容疑で逮捕された歌手のASKAについて、『週刊文春』の有料デジタルサイトがきょう22日(2014年5月)午前5時、昨年秋の取材の際に録音したASKA生の声を公開した。ここでは、覚せい剤でなく「アンナカだ」と言っている。週刊文春が覚せい剤疑惑を報じた2か月後、ASKAからの連絡で9月30日と10月3日に自宅でインタビューしたものだという。

   取材した中村龍太郎記者によると、8月の取材ではろれつが回らない状態だったが、10月のASKAは普通で、答えもあらかじめ準備した感じだったという。インタビューは週刊文春の10月17日号に掲載された。

医師が処方してくれなくなって暴力団から入手?

   公開されたやり取りはこうだ。

空しいねえ

―音楽関係者がアンナカを持っているのを不審に思わなかったのか。

「思わなかった。アンナカは(医者が)量を減らした。ただでさえもうちょっと欲しかったのに。眠たい時に3時間くらいパッと目が覚めますから。つらいですけど、以後は処方してもらっていない」

―アンナカは長いの。

「2000年すぎたあたりから使ってる。詞書く時にどうしても。ぼくめちゃくちゃ遅いんですよ。だから助かってた」

―●●さんも使ってた?

「『飲みたい時に使えばいいから』って。経口で、見た目はパウダー状。覚せい剤は結晶でしょ。まったく別ものです」

   アンナカは医師の処方が必要な劇薬で、暴力団が覚せい剤を水増しするために使われた時代もあった。ASKAは眠気をとるために医師に処方してもらっていたという。その量を減らされたために、暴力団関係者から入手するようになっていたと。そういう筋書きだった。

おおたわ史絵(内科医)「医師が眠気覚ましに処方することはありません」

   キャスターのテリー伊藤「MDMAも見つかっているし、いまとなっては空しい内容ですね」

   覚せい剤の検査キットまで見つかっている。しかし、ASKAが逮捕されたマンションからも、また立ち寄ったところからも覚せい剤は見つかっていない。警視庁は使用していたのは自宅マンションと見ているという。ASKAは逮捕されたあとも「アンナカ」だったと供述している。

   本村健太郎(弁護士)「尿から検出されているんだから、今度は使用で起訴される」

   おおたわ史絵(内科医)「アンナカは中枢神経の興奮剤でカフェインと似ています。しかし、医師が眠気覚ましに処方することはありません。偏頭痛の治療がほとんどです」

   テリー「快楽のために使っていたのは明らかで、ASKAのイメージと違うね。簡単に社会復帰できるとも思えないし、させてもいけない。変な期待をかけずにダメな中年おやじと見なさないと、逆に不幸になってしまう」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中