アグネス・チャン「音楽プロデューサーから『もっと歌手であることを自覚してほしい』と言われた」

印刷

   アグネス・チャン(58)が「今日、デビュー頃の音楽プロデューサーから厳しい言葉を頂きました」と5月21日(2014年)にブログで明かした。プロデューサーから「もっと歌手である事を自覚してほしい」と言われ、「たしかに、仕事の幅が広かったために、歌だけに集中する事は出来ませんでした」と弁明している。

   アグネスはボランティア活動や大学の客員教授などに精を出し、ここ10年ほどは毎年1枚前後のシングルを出すのみ。「歌手なら、発声練習の習慣、毎日の歌の練習、色んな音楽を聞く事が必要です。それが時間がない為に、中々出来ないのが実状」だと語る。

   しかし指摘を聞いて「これからはもっと心がけをして、歌手の自覚を高めます。完璧には出来ないと思いますが、頑張ってみます」と反省した。さっそく発声練習を再開したといい、「歌手アグネスの原点に戻る事を臨みます」とファンからの応援を求めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中