大阪・西成の准看護師の遺体か?東京・八王子のトランクルーム…女性知人が契約

印刷

   大阪市西成区の准看護師の29歳の女性が、約2か月前から行方不明になっている。女性が一人暮らししていたという集合住宅の自宅内に、女性の血痕が残っているなどしたため、警察は女性が事件に巻き込まれた可能性もあると見て捜査していたが、意外な場所であらたな動きがあった。

遺体のようなもの

   行方不明女性の自宅から約400キロも離れた東京・八王子市のトランクルームから22日(2014年5月)、「遺体のようなもの」が発見されたという。このトランクルームは女性の知人が借りていたものだそうだ。

   笠井信輔アナ「『遺体のようなもの』とは警察の表現だが、いったい誰の、どういうものなのかは、明らかになっていません」

   警察は現在、知人の行方を探しているという。その後、知人女性は准看護師のパスポートを使って出国していることが判明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中