2018年 7月 21日 (土)

カンヌ映画祭「学生監督部門」で日本人女性作品2位!金髪カツラの桃井かおり55歳OL大奮闘

印刷

   カンヌ国際映画祭できのう22日(2014年5月)、学生監督の作品を競う「シネフォンダシオン」という部門で、日本人女性の作品が2位になった。平柳敦子さん(38)でシンガポール在住。長野県生まれ、俳優を目指してサンフランシスコ州立大(演劇専攻)に学んだあと、映画監督になりたいとニューヨーク大学大学院ティッシュ・アジア校に学んだ。カンヌに出されたのは、その卒業制作で撮った「Oh Lucy!」という作品だ。

アメリカで演技・監督学んだ平柳敦子さん…卒業制作「Oh Lucy!」

   平柳さんは東京で行われたショートフィルム・フェステバルでグランプリを獲得し、その縁で桃井かおりさんに出演をオファーして、桃井さん主演でできた映画だ。桃井さん演じる55歳のOLが、英会話の学習に奮闘するコメディーで、英会話学校に入ってLucyという名前と金髪のカツラを与えられ、授業を受けるうちに違う自分に目覚めていくというお話である。

コメディーなの!

   司会の加藤浩次「これコメディーなの。へえ~」

   映像がちょっと流れた。桃井かおりが似合わない金髪姿で登場して、けだるそうに商店街を歩いたり、キャバクラみたいなシーンも出てくる。紹介する森圭介アナも「学生さんの作品ですからまだ公開されていないので、どういう内容かくわしくはわからないのです」という。

河瀬直美監督の「2つ目の窓」も試写大好評

   キャスターのテリー伊藤も大喜びだ。「ちょっと見てみたいね」

   森「何度も桃井さんに頼みにいって、桃井さんは『学生さんの作品だから』と無償で出演したそうです。この作品は短編なんですが、長編映画の導入部分なんだそうです。もしかすると、これが長編になるかもしれないんです」

   加藤「さらに広げて!」

   この部門は1998年の創設だが、日本人の受賞は初めてだという。今回のカンヌでは、河瀬直美監督の「2つ目の窓」が試写で大好評と伝えられ、 グランプリをねらう。2014年は女性が元気なようだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中