「女性ならではの番組作り」これが実に厄介!テレビ業界に「女らしい女」いない

印刷

   女性チームで仕事をすることがたまにある。プロデューサーもディレクターも作家もADも全て女性。人事的にこうなるケースもあれば、意図的に女性陣で固められることもある。そういった場合は必ず局か制作会社側の思惑がある。

「女性ならではの視点で作ってほしい」

   この女性ならではの視点というものが厄介だ。女性向けの番組でない場合はとくに難しい。女性視聴者に分かりやすく、共感してもらえる点を盛りこめということなんだけど、いったい女性は何に興味を示すのか。ちなみに私たちはこんなことに興味を示すけど…とマーケティングはもっぱら自分たち基軸で、周辺の女友だちや母親に話を聞いたりすることになる。なぜって、もはや自分が女だったなと気付くのは月に1回の現象でしかなくなっているからだ。

親が聞いたら泣きそうな、男が聞いたらドン引きしそうな女たちの日常

   いかに女性らしさからかけ離れているかというと、生活パターンを見るとよく分かる。1日中パジャマで過ごしているとか、夜になってきょう初めて人と会ったとか、料理作るの面倒だし出前取るのも面倒、ましてやスーパーに行くなんてカンベン、冷蔵庫に残っていた梅干しを食べただけなどがあるある話になってくる。上部の人たちはこの環境を知っていながら、それでも女性ならではの視点を求めてくるから大変だ。

   親が聞いたら泣きそうな、男が聞いたらドン引きしそうな女たちの日常。でも、こんな堕落しているように思える生活でも、実はちゃんと仕事をしている。先日もフリーの女性ディレクターが、39度の熱が出ていても、本編集に間に合わないからと、ブルブル震えながらポカリスエットをお伴になんとかラフ編集を仕上げたと笑いながら話していた。

   いくつかの番組をかけ持ちし、その結果が次につながり生活費となっているわけだから、風邪をひいていようがいまいが、とにかく仕事をこなしていかないといけない。そして、自宅で引きこもり作業が続いたかと思うと、全国各地や海外ロケで飛び回ったり、本編集やスタジオ収録前後ともなると、3日ほど帰宅すらできない状況にもなる。

   仕事に恋に疲れたから海外にパ~っと遊びに行きたいなんてかわいい事は絶対に言わないし、彼女たちはしない。よくまぁそこまで働けるものだと一緒にいながら感心してしまう。

ストレス発散は焼肉屋で大量の肉と酒

   そんな女たちのストレス発散は食事が多い。それも多くが焼き肉かな。本当にモリモリとよく食べよく飲む。華奢な体からは考えられないような量の料理と酒を消費していくさまは、ガソリンを注入しているみたいだ。

   だから困るのだ。こんな生活から女性らしさ、女性ならではの視点はどう生まれてくるのか。この業界に多い神経質な男性のほうがよほど細やかな対応ができそうな気もするけれど。

   女性ならでは…これがなかなか思いつかない。強いて言うならば、女性チームの方が人間関係を丸く収めることが得意かもしれない。会議中や編集中のちょっとした差し入れ、喧嘩腰にはならない言い方などが、チーム仕事を円滑にしてくれる。先日も女性プロデューサーが疲れたスタッフのために、豆ごはんおにぎりを作ってもってきてくれた時は感動した。ADの女の子は久々の手作りおにぎりに涙をこぼしそうになっていたっけ。ちょっとした心遣いができる、これは女性ならではという気もする。干物女生活をしていても、そこだけは失いたくない。失ってはいけない部分だろうなぁ。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中