AKB劇場支配人「警備を考え直す」これまでは厳しい荷物検査などなかったが…

印刷

   AKB48が売りにしている握手会でメンバー2人と助けに入ったスタッフが男にノコギリで襲われケガを負った。襲った青森県十和田市の無職、梅田悟容疑者(24)は、犯行を認めているものの、動機については話していないという。

   岩手県滝沢市の岩手産業文化センターで25日(2014年5月)行われた握手会で、メンバーが会場内に張られたテントの中で順番にファンと握手をしていたところ、梅田がノコギリを振り回し、入山杏奈(18)と川栄李奈(19)に切り付けた。男性スタッフが助けに入り取り押さたが、入山は右手小指の骨折と裂傷、頭にも切り傷を負い、川栄も右手親指の骨折と裂傷、男性スタッフは左手に裂傷を負った。

「会いにいけるアイドル」の盲点突かれた切り付け

   AKBグループの握手会はファンがCDを購入すると特典としてついてくる。握手しながら話ができる交流イベントで、「会いにいけるアイドル」のAKB48が最も力を入れていた売りの一つだった。警備員やスタッフ100人で警備にあたっていたが、交流イベントという性格上、持ち物の中身を検査するなどの厳しいチェックはしていなかったという。AKB48劇場支配人の湯浅洋氏は「警備は徐々に強化していたが、こういうことが起きた以上考え直さないと」と話している。

警備むずかしい

   警備の難しさについて石原良純(タレント)はこう話す。「性善説というか、アイドルとファンとが近づけることが魅力なので、まさかこういうことは起きないというのが前提だったのでしょうね。警備が甘かったかというと、そういうイベントでもないですからね。ファンとの距離感が崩れてしまった不幸な事件ですよ」

   青木理(ジャーナリスト)「気軽に会えるのがAKB48というグループの人気の源泉だったわけで、こういうので金属探知機やカバンの中を開けろというのは、それはそれで問題でょう」

   司会の赤江珠緒が「10代の無防備な少女を刃物で切り付けるという心理は理解できません」とつぶやいたが、刃物で簡単に人を傷つける若者、いったい親は何を教えて育ててきたのか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中