2018年 7月 21日 (土)

エジプト 中国を提訴!「実物大の偽スフィンクスひどすぎる」批難されてもやったもの勝ちとは…

印刷

   世界遺産を傷つけられたと、中国にエジプトがかみついた。スフィンクスそっくりの像がつくられたことに憤慨したエジプトの管理当局が、ユネスコに提訴したのだ。「実物大」をうたった偽物に観光客が集まっているという。中国はさまざまな偽物があふれるコピー天国だが、最近は商品だけでなく建造物にもひろがっている。批判にかまわずやる方が得という風土があるそうで、司会の夏目三久らも「文化の違いもここまで」とあきれ顔だった。

エッフェル塔、凱旋門、ホワイトハウス、自由の女神、ハリーポッター魔法学校…何でも真似るぞ

   問題のスフィンクス像は今月(2014年5月)、河北省の映画テーマパークに完成した。高さ20メートル、全長60メートルで、本物とほぼ同じ大きさだ。観光客が集まって記念撮影などをしている。

東シナ海でも

   エジプト側は「何の連絡もなく、世界遺産への理解を損なう」と猛反発する。中国側の責任者は映画撮影のためにつくったと釈明し、撮影が終わり次第取り壊す予定という。ほかにも、中国ではニセのエッフェル塔や凱旋門、ホワイトハウス、自由の女神までつくられ、ハリーポッターの魔法学校に似た建物の大学もある。

   ニセ商品や類似キャラクターの横行もつづく。おもちゃの偽札でバスに乗る人がいて、警察官姿で麻薬を運ぶ犯罪もよくある。本物と偽物の警察官が街角でたたかう場面もあり、ここまでくるとまるでコントだ。

   中国人ジャーナリストの周来友さんは「中国では非難されるとわかっていても、やったもの勝ちという考え方がある」と話す。

中国、南シナ海でもやりたい放題!ベトナム漁船を40隻で取り囲んで衝突・沈没

   中国をめぐっては、もう一つのホットなニュースを「あさチャン!」は伝えた。きのう26日(2014年5月)午後、中国が一方的に石油開発を進める南シナ海・西沙諸島海域で、ベトナム漁船が中国漁船に衝突され沈没した。乗組員は全員救助されたが、1隻を40隻が取り囲んで体当たりするという悪質ぶりだった。

   キャスターの齋藤孝「東シナ海でも起こることもあるので、十分に注意が必要ですね」

   まさか、領土・領海の横取りも「世界から非難されてもやったもの勝ち」と思っているのではないだろうな。文化の違いではすまされない、危険で非常識な考え方だ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中