沢村一樹「嵐に入りたい。オーディション受けたことある」大うけ2代目リーダー説

印刷

   <VS嵐(フジテレビ系5月22日よる7時~)>嵐とゲストチームがゲームで対決するバラエティーで、今夜の対戦相手は京都出身者で編成された「チーム京都」の6人だ。宮川大輔、サバンナ(高橋茂雄、八木真澄)、ブラックマヨネーズ(吉田敬、小杉竜一)、紅一点で安田美沙子が参加した。

   対する嵐チームのプラスワン(助っ人)は沢村一樹。エロ男爵やセクスィー部長のイメージが強いが、ゲームでは熱血プレーを次々繰り出した。

大野智と息ぴったり

   最初の「バウンドホッケー」で大野智と組む。大野にパスを送る沢村とのコンビネーションが大事だと櫻井翔が力説すると、悪乗りした沢村は「息が合うんだよというところを、僕もちょっとアピールしていきたい。もしかすると、これを機に僕も嵐とツアー回ったりするかもしれない」と言い出す。

   松本潤「嵐に入りたいと思ってるんですか」

   沢村「何回もオーディション受けてますから」

   二宮和也「オーディションなんて1回もやってません」

   ゲームは大野のシュートが抜群に冴えわたり、京都チームを上回る得点を挙げた。「すごいいいところに、(沢村からの)パスがくるんです」と持ち上げる。ひょっとしたら、本当に息が合うのかもしれない。沢村も「一つになった感じありましたよ」

   櫻井「次のツアー、じゃ行きますか?」

   沢村、軽快に自己流の勝利のダンスを披露して大爆笑がおき、ついには2代目リーダーとまで呼ばれていた。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中