アフリカゾウ密猟で資金調達イスラム過激派!闇市場で象牙1本400万円…10年で10倍に高騰

印刷

   アフリカ大陸のサバンナは象やライオン、キリンなどが生息し野生動物の宝庫だが、いま異変が起きている。高値で取り引きされる象牙を狙って、アフリカ象の密猟・乱獲が頻発しているのだ。

   キャスターの国谷裕子「アフリカゾウを巡って異常な事態が起きています。このまま乱獲が続くとあと10年でアフリカゾウは絶滅すると指摘されています。しかも、密猟には驚くべき組織が関わっていました。密猟象牙の売り上げが、テロ事件を引き起こしているさまざまなイスラム過激派組織の活動資金になっていたのです。

   密猟者とそれを取り締まるレンジャーとの銃撃戦も多発している。象牙はホワイトゴールドと呼ばれ、闇市場で価格が高騰している。

日本は世界で2番目の象牙消費国

   日本は中国についで世界2番目の象牙消費国だ。象牙の印鑑、アクセサリーや工芸品を目にするが、ゾウを保護するため象牙はワシントン条約で国際取引が厳しく規制され、平成7年以降は原則的に輸入ができなくなっている。

   国谷「ワシントン条約事務局などによりますと、2012年だけで総個体数の7.4%に当たる2万2000頭が殺されたと見られています。象牙の闇市場での値段はこの10年で10倍、1本400万円ともいわれています。乱獲の加速が地域を不安定化させる新たな要因にもなるという負の連鎖も生まれています」

   大規模な密猟が行われているケニア南西部のタンザニアとの国境に広がるマサイ・マラ国立保護区を管理するマラ・コンサーバンシー本部には、70人のレンジャーが駐留し野生動物を密猟者から守る活動を展開している。毎日6時間かけて行われるパトロールでは、密猟者との銃撃戦に備え全員がライフルで武装する。

   パトロールを始めて3時間、アフリカゾウの骨を発見した。レンジャーの一人は「これは象牙が切り取られた頭の骨です。手がかりは少なく、犯人は見つかっていません」と語る。レンジャーのなかに日本人女性・滝田明日香さんがいた。8年前までマサイ族の獣医として働いていたが、その後にこのレンジャー組織に加わった。

    300人ほどが暮らすツルカナ族の貧しい村で、3人の元密猟者を取材することができた。「密猟を始めたのは10年前のことです。イスラム過激派組織のアッシャバーブがソマリアからこの村に銃を持ち込み、貧しい村人に密猟をさせて象牙を手に入れています。活動資金の40%を密猟象牙の取り引きで賄っている」と打ち明けた。

数少ない雄が狙われ繁殖にも支障

   スタジオには滝田さんがゲストとして出演した。国谷が「なぜ密猟が頻繁に行われるようになったのでしょうか」と聞く。「1989年のワシントン条約で象牙の国際取引は禁止され乱獲に歯止めがかかりました。ところが、9年後に事態は一変しました。死んだゾウの象牙を市場に出すことは輸出国にも消費国にも利益になるということで2回ほど制限つきで合法取り引きされたのですが、これで現地では象牙をまた売れるものだという勘違いが起きました」

   国谷「このような事態が続けば、何が起きるでしょうか」

   滝田「まず密猟で狙われるのは象牙。この象牙が大きい雄の個体が狙われます。そうすると、雌の群れに遭遇する割合が非常に低くなるんです。ただでさえ数少ない雄ですから、それがだんだん密猟で命を失っていくと、群れの繁殖自体にも問題が出てきます。また、雌の群れは年がいっている雌が群れ全体の知恵袋です。年取った彼女たちがいなくなることによって、今度は若い雌のゾウたちが未熟な経験で群れを導きます。その結果、畑に入ってしまうとか、乾季のときに水場にありつけないとか、いろいろな問題が出てきて、人間との衝突も起きているのが現状です」

   象を守るための取り組みは行われているのか。滝田さんはこう話す。「その一つのプロジェクトとして今度、森から取れる蜂蜜をスタートしようとしています。象は蜂が嫌いで蜂箱が置いてある所には近寄りません。住民は蜂蜜によって現金収入が得られ、森が守られ、そしてゾウも森の中で生息できるという循環を作り出そうとしています」

   国谷「一方で、先進国、象牙を消費している先進国に対しては、どういうことを求められますか」

   滝田「まず最初に情報が入ってこない。アフリカのゾウの象牙がどのようなアフリカ人の生活と安全に対して影響しているのかという情報が入ってこないのが問題です。それをまず知ったうえで、象牙の消費国としてこれから象牙にどうやって関わっていくかということを考えていくことが必要だと思います」

   象牙の印鑑などの製造・販売を違法にするということはできないのだろうか。

ナオジン

*NHKクローズアップ現代(2014年5月26日放送「追跡 アフリカゾウ密猟とテロ」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中